自己破産と過払い金

2020年11月1日 オフ 投稿者: admin

借金を返していく上で、どうしても払えなくなってしまった場合には自己破産をすることを考えなくてはなりません。全ての財産を手放さなくてはなりませんが、自己破産をしようとしている時、若しくは自己破産をした後に過払い金があることに気付いたという場合にはどう対応すれば良いのでしょうか。そもそも自己破産は、自分の財産を全て手放した上で行うことです。もしも過払い金が発生した場合は、その返還分も自分の財産として扱われますので、回収して貰わなくてはなりません。自己破産をしても過払い金が回収できる、というよりは、過払い金も自分の財産分にあたるので必ず請求を行わなくてはならないと言えるでしょう。裁判所への報告は必須となっており、その手順も複雑になっているそうです。自己破産後に過払い請求をすることも、権利としては問題ありません。ただし、貸金業者とのやりとりが難しくなってしまいます。場合によっては財産を隠していると判断されてしまい、貸金業者に返済を渋られてしまうのです。また、免責の有無によっても更に話は複雑になってしまい、過払い金の金額について交渉する場合に争点になることが多くなると言われているそうです。過払い金と自己破産が絡む場合は、よほど知識があるという場合でなければ弁護士や司法書士に相談の上で対応をした方が安心と言えるでしょう。特に賃金業者との交渉によっては回収自体が不可能になってしまう場合もあるそうです。一番いけないのは、面倒がありそうだからと言って過払い金があることを隠したり、誤魔化したりすることです。自己破産を行う時には全ての支出をクリアにして、しっかり整理をすることが大切と言えるでしょう。