メリットとデメリット

              

過払い金請求は、返済時に払い過ぎてしまった人の権利です。額によっては現在の借金も相殺できる可能性もありますし、そもそも「払う必要のなかった分」のお金なので返してもらう必要があるでしょう。

しかし、個人で簡単に請求できるというわけではなく、弁護士や司法書士に頼まなくてはならない場合もあります。

その額があまりに少額であった場合は逆に費用の方が掛かりすぎてしまうということもあるそうです。

では、過払い金請求のメリットとデメリットは何でしょうか。

まずメリットとしては、弁護士や司法書士に頼んだ場合は手続きの手間も少なくて済むということです。

もしも過払い金の額が大きいという場合は、依頼をした時の費用を差し引いてもかなり大きな額が返ってきますし、「返還してもらってからの後払いでも可能」としている弁護士事務所などもあるそうです。

                

                 

過払金は迷惑をかけない?

              

保証人にも迷惑を掛けることなくできることですし、「どうして借金をしたのか」という理由についても問われることはありません。

もしも借金の取り立てが行われている場合には、過払い金請求の期間にはストップもされるそうです。

逆にデメリットとしては、決まった期間ローンが組めなくなってしまう場合や、クレジットカードが使えなくなる場合があることです。

これは会社や状況によって変わりますので、確認が必要です。

もしも戻ってきた過払い金を充当しても現在の借金がなくならないという場合には、ブラックリストに載せられてしまうこともあるそうです。

この辺りの部分は、初めの時点で弁護士や司法書士が確認してくれると思います。借金が必ずなくなる過払い金が返ってくることが分かった上で、実際の請求を行うと良いかもしれません。

              

                   

請求する利点は?

                

過払い金を請求する1番のメリットは、まだ借りたお金が残っている人だと借金を返さずともよくなったり、逆にお金が戻ってきたりする可能性があるかもしれないことです。

ですが返還している最中にに過払い金請求を行うとブラックリストにのってしまうこともあるので、これがデメリットのひとつかもしれません。

場合によってかわるので専門家に相談するのが1番いいかもしれません。

そしてすべてを返し終わっているならばブラックリストなどにも掲載される可能性なども心配しなくていいようです。

プラスで過払い金もかえってくるかもしれません。返し終わっているのであれば、払い過ぎた利息ぶんのお金がまるまる戻ってくるかもしれないうえ、ブラックリストに載らないという美味しいとこどりができるかもしれないため、ダメもとで請求してみてもよいでしょう。

ですが確実に返ってくるわけではありません。

請求しても相手に取り合ってもらえなかったり、業者が倒産してしまいそもそも請求ができなかったり、などなど。

ほかにも請求できる期間は、返済が完了してから10年が時効と決められているので(どこから数えて10年かは、場合によるようです)、時期によっては請求のための作業をしても意味がないかもしれません。

                   

Scores 過払い金返還請求を相談しよう>>>TOP